Butsuyoku Spirit > Butsuyoku Review

DSを手放せない大人に「藍布堂:DSLite用和カバー伊勢木綿」

 実用的っぽいソフトのラインナップや、松嶋菜々子のCM起用によりユーザの平均年齢をぐっと押し上げたニンテンドーDSではあるが、やはり大の大人が人前でニンテンドーDSを出すには抵抗がある。例えその時のソフトががDS楽引き辞典であったとしてもだ。そんな時、目にとまったのがこの渋い和風のDSLite用カバーだ。まるで田舎のおばあちゃんに作ってもらったかのような深い暖かみのある風合いだ。これなら電車の中で開いても対面からは何をしているのか分からないだろう。ただし、渋すぎて逆に興味を引く恐れはある。

和カバー伊勢木綿
宮沢賢治の詩集でも入ってそうな。
開いたところ
固定用ゴムバンドが内蔵スピーカーにかかるのが気になるけど、
思ったより支障はないし、そもそもヘッドホン派には無問題。

プラスポイント

シックな外観

かつてここまでシックなゲーム機用アクセサリがあっただろうか?こんな柄の財布は別に欲しくないけど、DS用カバーなら欲しくなる。なぜだろう。

きわめてコンパクト

DSLiteのコンパクトさを台無しにしてしまうケースやカバーが多い中、これはかろうじて三面を隠せるだけの生地しかないため、あまり嵩張らない。

心地よい手触り

生地の目が粗いので、スベスベとかサラサラとかいった風合いとは違うが、天然素材だけあってさすがに手触りがよい。

マイナスポイント

衝撃には弱そう

ウレタン等のクッションもないミニマムなカバーゆえ、落下した際の衝撃はあまり吸収してくれないと思われる。せいぜい表面に傷が付くのを防ぐ程度だろう。

やや高い

2千円未満で買えるケースやカバーが多い中、このカバーは4千円弱。ソフト1本買えるこの値段をどうみるか?

総合評価

大人なら「買い」?

大人は滅多にゲーム機を落とさないし、多少値が張っても買えるということで、大人なら買いと言いたいところだが、こればっかりは個人のセンスによるところだろう。

ゲームテック:DSlite用藍布堂和カバーA001伊勢木綿
価格:3980円(税込)
発売:2006年7月

※本ページの内容は管理人個人の主観的な評価であり、内容については一切保証致しません。

back

COPYRIGHT©1998-2006 WATARU AOKI ALL RIGHTS RESERVED