[Walkman40周年] ウォークマンII SONY ステレオカセットプレーヤー WM-2

WM-2 & MDR-4L1S
2代目Walkman WM-2と付属ヘッドホンのMDR-4L1S。

2代目ウォークマン

プレスマンをベースに作られた初代ウォークマン「TPS-L2」と異なり、2代目ウォークマンはデザイン先行で開発されたという。2代目にして早くもカセットテープケースを意識した小型化が図られ、メタルテープにも対応した。前年、全世界で名称が「Walkman」に統一されたことから、型番は「WM-2」となった。通称「ウォークマンII」。1981年2月1日に発売され、販売台数250万台の大ヒットを記録した。当初ロゴは「WALKMAN」だったが、後にブラック、レッドが追加されたタイミングで「WALKMAN II」と記載されるようになった。

大きさ比較
左からカセットテープ、WM-2、TPS-L2。初代よりかなり小さい印象。カセットケースより0.5mm背が低く、カセットケース2個より薄いという売り文句。いきなりカセットテープケースサイズを目指してしまうアグレッシブさが素敵。重さはリンゴ1個分の280g。ちなみにキティちゃんはリンゴ3個分。
WM-2
カセットのフタを裏にするという斬新なデザイン。材質がプラスチックなのが少し残念。
WM-2系デザイン
ウォークマンII系デザイン。左からWM-F2、WM-R2、WM-2、WM-DD、WM-F5。

Features

WM-2 ワンハンドコントロール
片手で操作ができる「ワンハンドコントロール」。操作系ボタンをアイデンティティーとしてしまう秀逸なデザイン。ヘッドフォン端子はやはり2つです。
WM-2 バッテリー
単3電池2本はカセットテープの内側に。
WM-2 付属品
外部バッテリーケース、キャリングケース、ヘッドフォンが付属。
MDR-4L1S
付属の軽量ヘッドフォンMDR-4L1Sは28グラム。左のウォークマンボタンを押すとミュートされる。
電池
ハードでネイキッドなキャリングケース(プラ)。トップにストッパーがかけられるなど、なかなか気合の入ったデザインです。
バッテリーケース
外部バッテリーケースに単一乾電池2本入れると、内蔵の単三乾電池2本と合計で最大約70時間連続再生を実現。

世界の中心で、愛をさけぶ(セカチュー)とウォークマン

「世界の中心で、愛をさけぶ」(2004)で重要な役割を果たしたウォークマン。映画版でサクこと松本朔太郎(大沢たかお/森山未來)とアキこと広瀬亜紀(長澤まさみ)が使っていたウォークマンがWM-2(1981年発売)です。長澤まさみ(アキ)が放課後の教室で「(付き合っても)いいよ」と言ったシーンの、あのウォークマンです。舞台は1986年の設定なので実は結構古い機種ということになります。冒頭で藤村律子(柴咲コウ)が家電量販店で店員(マギー)に「カセット?」とか言われながら買ったのは公開当時に販売されていたWM-GX788(2003年発売)。TV版でサク(山田孝之)とアキ(綾瀬はるか)が使っていたのは鮮やかなブルーのWM-101(1985年発売)です。舞台は1987年の設定なのでこちらも少し古いです。ちなみに映画版もTV版もAmazon Primeで観れます。

ロゴマークの違い
セカチューウォークマン。左からWM-101(1985)、WM-GX788(2003)、WM-2(1980)。

※写真の無断転用・無断転載を禁じます。

SONY ステレオカセットプレーヤー Walkman WM-2
標準価格 32,000円 (1981年当時)

What's New @物欲レジェンド
What's New @物欲レビュー

back

COPYRIGHT©1998-2019 WATARU AOKI ALL RIGHTS RESERVED